<< 桃の花 | main | サツキ >>
9周年です。
良く続きました。自分でも感心しています。

フランチェスコ・ダ・ミラノのリチェルカーレ29を追加しました。
短いけど良くまとまった作品と思います。
| 雑談 | 21:11 | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
おっ!9周年かぁ。
なにかプレゼントしなきゃ|彡サッ
| Clara | 2009/05/02 8:11 AM |
しまった。もしトラックバックが複数あったら1個だけ残して削除してください^^
お手数掛けます。
| Clara | 2009/05/02 6:43 PM |
何時の間にかって感じです。

トラックバックはないようですが・・・
| Myoushin | 2009/05/02 7:19 PM |
おかしいですねー。
何度も送ってるのですが。

1:タイトルは英文だけですが、記事本文は日本語。
2:しんさんの記事のパーマリンクへのリンクを記述。

という感じの記事から送ってるのですが。
タイトルだけ英文でもSPAMとして拒否されているのでしょうか。
こちらにはトラックバックに失敗しましたというエラーは出ていません・・・
| Clara | 2009/05/02 8:23 PM |
「ひらがな・カタカナを含まないコメント・トラックバック拒否」の設定になっているためかも。
| Myoushin | 2009/05/02 9:34 PM |
タイトルを日本語にしても届かないようですね。
禁止ワードにhtmlタグを設定してませんでしょうか。例えばa hrefとか・・・・

無理にトラックバックするのは諦めて、タイトルを英文に戻して該当ページへのリンクをこのコメントに貼りました・・・・
| Clara | 2009/05/02 10:30 PM |
あ、ロマネスカのほうコメントありがとうございました。
グラウンドとして作曲されたものも在ったのではないかと思います。
ロマネスカ説が正しければ2回しか反復しませんが、このままでも立派なグラウンドですし(笑)
| Clara | 2009/05/02 11:11 PM |
サイト9周年記念プレゼントありがとうございます。
何時もお世話様です。
| Myoushin | 2009/05/06 9:56 PM |
それにしてもトラックバックを許可していても受信できないのは困りますねー。
Wordpressのほうに問題があったのでしょうか。
今度機会があればMovableTypeやSereneBachのほうからも送ってみます。
| Clara | 2009/05/09 6:29 AM |
すみません。自分にはその手の知識がないので手助け出来ないです。
| Myoushin | 2009/05/09 8:30 AM |
ご無沙汰しております。
随分と遅くなってしまいましたが9周年おめでとうございます。
(「まうかめ堂」は2歳半後輩ということになるようですね。)

さて、ひとつお聞きしたいことがあります。

Myoushin さんは J.Hasprois の Puis que je sui fumeux の MIDI を作られていますが、そのとき使われた楽譜は L'Oiseau-Lyre の「全集」の現代譜でしょうか?

もしそうなら、その現代譜を作ったのは Gordon Greene なのでしょうか?

お手数で恐縮ですが、お答えいただけると助かります。

| まうかめ堂 | 2009/05/31 6:32 PM |
>まうかめ堂さん
書き込みありがとうございます。

>J.Hasprois の Puis que je sui fumeux の MIDI
使用した楽譜は L'Oiseau-Lyre の「全集」の現代譜です。
Edited by Gordon K. Greeneです。
| Myoushin | 2009/05/31 10:37 PM |
早速回答していただきありがとうございました。
この曲は少なくとも二箇所二つの声部で音価の数が合ってないところがあって悩ましいのですが、Myoushin さんと Ensemble PAN は同じ現代譜を用いてるようだったので確認させていただきました。

Greene の楽譜は B パートで上下がずれて進むのが不自然に感じますね。というかこの種のずれたまま進むシンコペーションはよくあるといえばよくあるのですが、ずれっぱなしなのはだいぶ変なかんじがしています。

ともあれありがとうございました。
| まうかめ堂 | 2009/06/01 10:25 PM |
この解決されないってところがArs Subtilior的なので、面白いけど仕方がない(難しい)ところですよね。

不完全なのか分かりませんが幾通りかの解釈がMIDIなどで可能なことは音楽学にはプラスとなると思います。
| Myoushin | 2009/06/02 8:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.musica-antiqua.org/trackback/833751
トラックバック