<< 紅葉 | main | 秋らしくなってきました >>
ファンタシア 26
フエンリャーナのファンタシア 26を追加しました。
構造的にも優れた演奏会向きの曲と思います。
| 更新情報 | 14:35 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
> ビウエラは6コースの複弦(二本の弦が同じ音程か
> オクターブ差に調弦してあるもの)の現代のギターに
> 良く似ていた楽器です

具体的にはどのようになっているのでしょうか?
6コース×2弦=合計12弦
6コース=2弦×3=合計6弦

無知ですみません^^
| menuet | 2008/11/02 5:46 PM |
6コースは12弦のギターみたいなものです。
ギターは6本の弦が低い方からミ・ラ・レ・ソ・シ・ミというふうに調弦します。
ビウエラの場合はミの弦が二本同じ音高で調律してあります。同じようにラ・レ・ソ(ファ#)・シ・ミも二本ずつ同じ音高で調律していました。
2x6=12本です。
現代のギターはソをファ#に半音下げて調律すれば、ビウエラの曲を当時の譜面(タブラチュア)で演奏可能です。
| Myoushin | 2008/11/02 7:10 PM |
thank you(⌒∇⌒)ノ
| menuet | 2008/11/05 10:54 AM |
お役に立てて幸いです。
| Myoushin | 2008/11/06 9:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.musica-antiqua.org/trackback/791344
トラックバック