<< フランチェスコ・ダ・ミラノ | main | フランチェスコ・ダ・ミラノとウィリアム・バード >>
フランチェスコ・ダ・ミラノのリチェルカーレ
フランチェスコ・ダ・ミラノの作品は即興的なものが多くて、はじめに和音を提示して簡単なメロディーを模倣するスタイルです。そのためか、似た感じの曲も結構あります。従って、彼の全曲の演奏CDなどは出そうにないですね。現代譜にした作品は私の想像ですが、台本に過ぎず当時(フランチェスコ・ダ・ミラノが)演奏するときは自由に装飾・変奏をしたと思います。
| ルネッサンス音楽 | 18:38 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする